乳首の黒ずみは、シミ消しクリームでピンクになる?

市販の乳首に使用するクリームは、美白クリームだってもちろん含まれるんですよ。
乳首の黒ずみに美白クリームって思うかもしれないけど、原理から考えればあって当たり前なんです。

乳首の黒ずみもシミも同じ

どうして市販の乳首のクリームも美白クリームと同じかって言うと、メラニンが原因だからなんです。
美白クリームって言うと普通はシミ対策を思い浮かべますよね。

シミは紫外線とか刺激によって生まれたメラニンが黒色化して、色素沈着したものなんです。
乳首の黒ずみも下着とかのこすれやホルモンとかの関係で、メラニン色素が生まれたためにできるんです。

つまりメラニンが原因という共通点がある限り、どちらも美白クリームが効果的って考えられるんですね。
意外な共通点って思うかもしれないけど、乳首の悩みを本気で改善したいなら一度考えてみてください。

大切なのはメラニン対策

市販の乳首クリームを選ぶとき、ポイントにしたいのがメラニンにどう働くかってことなんです。
美白クリームって言ってもぴんきりで、本当にメラニンに対して効果を発揮できるものとそうじゃないものがあるんですね。

本気で乳首の黒ずみをどうにかしたいなら、メラニンを作らないことと排出を助けることが大切なんですよ。
美白クリームは大体メラニンの生成を抑えてくれるけど、どんな成分が入っているかも大切です。

ビタミンCとかアルブチンとか、厚生労働省が認めている美白有効成分が複数入っているのを選んでみてくださいね
肌の漂白剤って言われるハイドロキノンも有効だけど、濃度が高いと荒れる可能性がある方は気を付けましょう。

ちゃんと乳首用を選んで

美白クリームを選ぶなら、ちゃんと乳首に使えるものを選んでくださいね。
というのも乳首は皮膚が薄くてデリケートだから、顔用の美白クリームじゃ荒れる危険性があるんです。

乳首は結構デリケートにできているので、乳首専用のクリームを使うと安心できますよ。
もし何かトラブルがあったら、ケアを中止して病院に行かなきゃいけなくなりますよね。

もう一つ注意したいのが、続けてケアすることなんです。
美白クリームを顔用に使ったことがある人なら分かると思うんだけど、1日や2日で効果って出ないですよね。

むしろ薄くなることはあっても完全に消えることって、ほとんどないんじゃないでしょうか。
乳首も同じでメラニン色素の塊だから、美白クリームが1日や2日で効くってことはないんです。

使い続けて段々とピンクになってきたなって思うぐらいなので、とにかくケアを続けることを意識してみてくださいね。
市販の乳首用クリームはほとんどが美白有効成分配合です。

だからこそ、複数の成分が入っているとか無添加とか、いろいろな点に注意して選んでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする