乳首をピンク色にする市販の飲み物がある!詳しくは…

ちくびをピンクにする方法に、市販のドリンクもありますよ。
飲むタイプだから手軽にケアができるし、クリームを塗るより簡単ですよね。

飲むタイプは手軽

ちくびをピンクにする方法として市販のドリンクを取り入れれば、本当に手軽にちくびケアができるんです。
ただちくびのケア専用として売っているわけじゃないんで、美白ドリンクとかを使うことになりますね。

というのも入っているビタミンCやビタミンEとかの成分が、血流に乗って運ばれるからなんです。
血液ってちくびだけじゃなくて、体中に流れていますよね。

だから飲むタイプのちくびケアの成分は、全身に行き渡るんです。
気になるちくびの黒ずみもケアしながら、メラニン色素を原因とするシミ系なら顔も背中も手もいろいろなところに効果が期待できるんですよ。

これはちくびだけじゃなくてシミに悩んでいる人にとって、本当に嬉しいことですよね。

クリームと併用してもOK

飲むタイプの市販の商品は、体の中からケアするものなんです。
多くの人が使っているクリームタイプのちくびケアは、体の外から皮膚に有効成分を浸透させるタイプですね。

つまり、クリームとドリンクは併用して構わないんです。
だから朝起きたときにドリンクを飲んで、夜お風呂に入った後にクリームを塗るって言う1日2回のケアも可能なんですね。

クリームあるいはドリンクだけで、1日1回のケアをするより1日2回のケアをした方がより効果を感じられそうじゃないですか
ちくびの黒ずみは、下着とのこすれやホルモンなどが原因でできたメラニンが原因です。

下着の摩擦は正しい下着を選べば減らすことができるけど、ホルモンはどうにもならないですよね。
女性ホルモンが増える妊娠で濃くなることもあるし、こればかりは防ぎようがないんです。

だからこそドリンクとクリームという、市販のちくびをピンクにする方法を試してみませんか。
昔はピンクだったのに気が付いたら乳首が黒くなっていたと悩む女性は多いですし、どうにかしたいと思ってクリームを使っている人も多いみたいです。

より効果を高めたいと思うなら、クリームだけじゃなくて内からのケアにドリンクを取り入れてみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする