乳首をピンク色にするならハイドロキノンがおすすめの理由

ちくびをピンクにする方法の中でも市販クリームを使うなら、ハイドロキノン配合のクリームを使ってみませんか。
ハイドロキノンを聞いたことがある人もない人も、一度そのすごさをチェックしてみてくださいね。

肌の漂白剤ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤って言われるほどすごい成分なんですよ。
元々は写真の現像に使われていたらしいんですが、シミを消す効果があるとして美白有効成分に認定されたんです。

メラニンの生成抑制サポートだけじゃなくて、メラニン排出効果も期待できるってことなんですね。
専門家の中には、シミを消すことができるのはハイドロキノンだけって言う人もいるくらいなんですよ。

それだけすごい成分なら、ぜひ使ってみたいですよね

日本製のものを選ぼう

ただハイドロキノンは濃度が濃すぎると、白斑や肌荒れが起こりやすいと言われているんです。
だからちくびをピンクにする方法として市販クリームを使うなら、必ず日本製のものを使ってください。

日本のメーカーが日本の工場で作ったものなら、厚生労働省が決めている濃度を守っているから安心です。
しかもパッチテストとかアレルギーテストとかしているメーカーもあるし、皮膚が薄くてデリケートな乳首のために開発しているんですよ。

そう聞けば安心して使えるような気がしませんか。

不安なら皮膚科で相談

ちくびをピンクにする方法の市販クリームの中でも、特にハイドロキノン配合のものは効果が期待できるけどやっぱり不安って人もいますよね。
それなら一度病院を受診してもいいと思います。

ドラッグストアとかで薬剤師さんとかに聞くのもいいし、医者から処方してもらえれば安心ですよね。
ただデリケートな問題だから女医さんがいいとか、要望もあると思うんです。

だからこそ難しい問題なんだけど、どうしても自分で選べないって場合の最終手段として覚えておいてはどうでしょうか
医者でも見られたくないって場合は、配合濃度が低いものを選ぶといいかもしれないですね。

また最初は市販のクリームでハイドロキノンの効果を試して、続けても効果が見られないようなら病院を受診するというのも一つの方法ですよ
初期の段階やまだ色素沈着していないようなら、市販品でも十分効果は期待できますから続けてみてくださいね。

ちくびをピンクにする方法で市販のハイドロキノン配合クリームを試すのは、特段悪いことじゃないと思います。
まずはどんな商品が売っているのか、じっくりチェックしてみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする