乳首を市販でピンクにするならホスピピュアがおすすめの理由

乳首のクリームは市販で簡単に手に入るんですよ。
その中でもホスピピュアって言う乳首のクリームが、市販品としては優秀なんです。

どれぐらい優秀かというと…他人様のブログですが以下が唇に一か月使った写真だそうです。

世界に認められたクリーム

市販の乳首クリームとして人気のホスピピュアは、世界にも認められているんですよ。
何とモンドセレクションで、金賞を取った経歴があるんです。

モンドセレクションは効果だけじゃなくて、品質や安全性なんかも評価する国際的な賞なんです。
さらに医療関係者もシミや黒ずみケア商品で、使って見てよかったと思った商品として認めています

その結果、数多くの女性誌にも紹介されて大反響を呼んだんですね。
そんなホスピピュアは、乳首の黒ずみをどうにかしたいって悩んでいる女性にお勧めなんですよ。

下着の摩擦でメラニン色素が生まれてしまったり、妊娠中に増えた女性ホルモンの影響で黒くなってしまうのが乳首です。
年齢とかいろいろな条件でターンオーバーが滞ると、どんどん黒ずみもひどくなるんですね。

そんな悩みに応えてくれるホスピピュアは、湘南美容外科と共同開発した市販の乳首クリームなんです。

トラネキサム酸でメラニンを押さえる

ホスピピュアは黒ずみの原因になるメラニンが作られないように、メラノサイトの働きを阻んでしまうんです。
アミノ酸の仲間だから安全性は高いし、化粧品にも普通に使われている美白有効成分なんですよ。

肝斑に効果が期待できるってことで、テレビCMとかでも宣伝されているんです。
メラノサイトの働きが抑えられれば、メラニン色素が作られないですよね。

それならメラニン色素で乳首が黒くなる心配も、減ることでしょう。
しかもほかの美白有効成分は外から働きかけるけど、トラネキサム酸は内側から働きかけてくれるんです。

だから乳首の黒ずみケアを、根本からできることに繋がるって考えられるんですよ。
乳首の黒ずみには美白有効成分が必要不可欠だから、トラネキサム酸が入っているのは本当に嬉しいですね。

保湿でさらにメラニンを抑制

さらにホスピピュアにはメラニンが作られるのを防ぐのに、肌を保湿してケアする成分がたくさん入っているんです。
それが乳首をピンクにする市販品ホスピピュアのこだわりなんですが、1つは天然由来成分を凝縮していることです。

プリンセスケアにルナホワイト、レモンにオクラエキスにアーティチョーク葉エキスを始め、ホップにスギナにローズマリーまで使っているんです。
セイヨウナシ果汁エキスや海藻エキス、ニーム葉にマツにダイズエキスと聞いたことのあるものばかりです。

それもそのはず、どれも化粧品に使われている安全性も高い成分なんですよ。
さらに保湿にもこだわっているんです。

スクワランを配合することで、肌の内側に働きかけてくれるんですね。
さらにシアバターが入っているから、肌表面にカバーをかけて水分の蒸発を防いでくれるんです。

乳首をピンクにするクリームが、なぜ人気なのか分かってきましたか。
ホスピピュアはこれからできるメラニンを作らないように働きかけてくれるだけじゃなく、もう出来てしまったメラニンにも働きかけてくれるんです。

ホスピピュアは人気がありすぎて、商品の在庫が少なくなってしまっているほどなんです。
共同開発の湘南美容外科クリニックと言えば、テレビCMやテレビ番組でもおなじみですよね。

そんな信頼性の高い美容外科が開発したクリームなら、やっぱり試してみたいじゃないですか。
もしホスピピュアがほしい場合は、公式サイトに商品の在庫があるだろう月を掲載していますから参考にしてみてくださいね。

脱色剤を使わず、自然なピンク色へ導いてくれるホスピピュアは女性の味方です
乳首の黒ずみに悩んでいる方は試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする