ちくびをピンク色にする薬って市販で売ってる?


ちくびをピンクにする市販の製品には、医薬部外品と呼ばれるものもあります。
医薬部外品は化粧品よりも効果が期待できるんですが、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

意外と医薬部外品は多い

乳首をピンクにする市販の医薬部外品は、意外とたくさん売られているみたいですよ。
医薬部外品だからビタミンCやハイドロキノンとかの美白有効成分も、効果を考えて配合されているんです

メラニンの生成を抑えて排出を助けてくれる、新陳代謝のアップを期待できるんですよ。
化粧品もあるんですけど、やっぱり医薬部外品の方が人気みたいですね。

医薬部外品だと詳細を見ないとよく分からないものもあるんですが、薬用って商品名についているものもあるから探しやすいとかと思います。
商品のほとんどがクリームタイプだからとても使いやすいし、もちろん使い続ければその分効果にも期待が持てますよ。

あとは天然由来成分だけ使って、添加物は一切使っていない製品もたくさんあります
石油系界面活性剤とか香料などが入っていないから、肌が弱い人だけじゃなくて、皮膚が薄い乳首に使うのが不安な人も安心して使うことができますね。

ところで医薬部外品って何

ちくびをピンク色にする市販の医薬部外品は、本当にたくさんの種類が販売されているんです。
ところで医薬部外品と化粧品ってどのように違うのかって言うと、効果への期待度なんですね。

医薬部外品は化粧品に比べて、より高い効果が期待できるんですよ。
それから病院とかで処方してもらう薬より、副作用の心配が少ないのも特徴になります。

病院で処方してもらう第二類医薬品や、治療で使う第一類医薬品とかは副作用の危険が多いんだそうです。
でも医薬部外品は薬剤師の対面販売で買えるし、病院で処方してもらう必要もないんです。

乳首はデリケートで皮膚も薄いから、副作用の心配が少ないって言うのは嬉しいんじゃないですか。
さらに効果も期待できるなら、医薬部外品を使ってみたいと思いませんか。

ちくびをピンクにする市販の医薬部外品は、化粧品より効果が期待できる上に手軽な分、人気も高いですよ。
ちくびの色が気になっている人は、医薬部外品をチェックしてみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする