妊娠中の乳首の黒ずみも、市販のクリームで良くなる

遊んでいるのではと彼氏から疑われるという悩みにもつながる、ちくびの黒ずみは女性のコンプレックスの一つですね。
そんな時市販クリームでちくびをピンクにする方法はないのでしょうか。

メラニンの排出をサポートしてくれるクリーム

ちくびをピンクにする方法として市販クリームを使うなら、ちくびが黒ずむ原因となるメラニン色素を追い出す方法を考えましょう。
そもそもちくびが黒ずむのは摩擦でメラニン色素が生まれるからと言われています。

下着などでこすれると、そこで炎症が起きてしまうんですね。
だから浸透性が高くて新陳代謝をアップしてくれるクリームなら、ちくびの色の改善も期待できるんですよ。

妊娠中の色の変化にも対応

妊娠中に、ちくびが黒くなったという人は結構います。
原因として実は、女性ホルモンが関係しているって言われているんです。

ほかにも、視力の弱い赤ちゃんが見つけやすいようにという説もあるんですが、詳しい理由はよく分かっていません。
でも妊娠中や授乳中に黒ずんだちくびを、市販クリームを使用してピンクにしたいですよね。

さすがに病院で相談するのはちょっととためらっているなら、ネットでこっそり探してみませんか。
そのためにお勧めなのが、美白クリームです。

美白クリームと言っても顔のスキンケアに使うやつではなくて、ちゃんとちくびケア専門で売っているやつです。
顔とちくびでは皮膚の厚さも浸透率も違うので、ちゃんと専門の奴を選んでくださいね。

ちくびは皮膚が薄めだから、刺激が低いものがお勧めですよ。
美白クリームを使えば、肌のサイクルもきちんと整えてくれます。

メラニン色素が定着してしまう前にケアを始めませんか。

黒ずみは放っておかないで!

ちくびの黒ずみを放っておくと色素沈着して、ケアしてもなかなか色が戻らなくなります
さらにケアをしていても、ちくびが黒くなる原因を作ってしまうと、ケアの意味もなくなっちゃいますよね。

だから気を付けたいのが早めのケア開始と、黒ずみ予防なんです。
授乳中だとしても使えるクリームはあるし、早めにケアをすれば大きな効果が期待できますよ

あとは再発してちくびがこれ以上黒くならないように、摩擦は避けるようにしてくださいね。
特に下着の摩擦で黒くなる人が多いみたいだから、サイズの合った下着をつけるようにしてみてください

悩んでいても誰にも言えないことが多いちくびの黒ずみをケアするなら、正しい方法を身につけましょう。
ちくびをピンクにする方法は市販クリームで十分に実践できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする