乳首をピンクにする市販のクリームの選び方って?

乳首をピンクにする市販クリームなどを買うときは、どんな商品を選べばいいのか迷いませんか。
だから一緒に、商品の選び方をチェックしてみましょう。

配合成分をチェック

乳首をピンクにする市販クリームの基本だけど、どんな成分が入っているかは大切ですよね。
たとえばメラニン色素が作られるのを押さえてくれる、ビタミンCとかハイドロキノンとかは重要です。

乳首が黒くなる原因はメラニン色素だから、色素沈着する前に対処したいですね。
そのためにも新陳代謝をアップしてくれる成分も考えてみたいものです

さらに考えるなら安全性なんだけど、乳首はデリケートだから荒れやすい成分とか入っていると大変です。
病院通いになる前に商品選びからちゃんとしたいですね。

日本製のものを選ぼう

安全性をより高めたいなら、日本のメーカーが日本の工場で作ったものを選ぶのがお勧めです。
というのもクリームによっては成分の配合上限濃度が決められているものを使っているからなんですね。

つまり日本のメーカーが作っていれば、厚生労働省が決めている濃度も守っているってことなんです。
海外のメーカーだとその国の基準を守るから、日本で認められている濃度以上の濃度の可能性も高いんです。

たとえばハイドロキノンは安全性を考えて濃度が2%って決まっているんですが、海外だと4%や5%のものもあるんです。
濃度が高いからいいってものじゃないし、乳首はデリケートだから考えたいですよね

それから日本の工場にこだわりたいのは、品質管理ですね。
使い続けるものだからこそ、品質にはこだわりたいって人も多いんじゃないですか。

品質を守る工場はGMOって品質が認定されているし、商品のホームページとかで確認すればすぐに認定を受けているかどうかわかりますよ。

口コミも見てみて

最後にチェックしたいのが口コミです。
乳首をピンクにする市販品を、実際に使った人の体験談や感想を見てみてくださいね。

どのぐらいで効果が出たのかとか、使用感とかいろいろな情報が詰まっていますよ。
肌質が近い人とか、いつ頃から乳首の色が気になり始めたのかとか、近い人の感想を見れば選びやすいかもしれませんね

あと塗り方のコツなんか載せている口コミもあるから、けっこう参考になりますよ。
乳首をピンクにする市販のクリームって、本当にたくさん商品があるから迷うんです。

相談しづらい悩みだからこそ、商品の選び方もしっかりとらえておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする